<% content.title %>スポンサードリンク



アウトドア&フィッシ

ング ナチュラム

チヌ(クロダイ)とは


硬骨魚綱スズキ目スズキ亜目タイ科クロダイ属に属する魚です。

海岸近くに生息する雑食性の魚で、北海道南部以南、台湾まで棲息すしますが琉球列島にはいません。

成長につれて呼び名が変わる出世魚でもあります。

関東では幼魚を「かいず」もしくは「けいず」。

もっと小振りなものを「ちん」「ちんちん」と呼びます。

下関〜北九州では30cm程度のものまでは「メイタ」と言ってしました。

関西以西ではクロダイのことをチヌと呼びます。

体はタイ型の体型で左右に側扁しています。

あごには臼歯が並び、硬いものが砕けるようになっています。

体色は背中側が黒色〜銀白色、体側から腹部にかけて銀白色をしている固体が多い。

尾びれはくの字に切れこんでいます。

チヌの若い個体の中には横縞模様のある個体が多いですが、成長とともに消えていきます。

個体によっては、大型になっても横縞模様が残るものもいます。

産卵は春に沿岸海域で行われ、卵は直径1mmほどの分離浮性卵で、ふ化直後の仔魚は体長2mmほどで卵黄嚢をもちます。

体長8mmほどから海岸の波打ち際や干潟、河口などの浅所に集まり、成長する。

小魚や甲殻類、貝類などを捕食するが、マダイなどに比べてチヌは雑食性が強く、海藻なども食べます。

これは釣り餌にも言えることで、ゴカイ類やのカニなどの甲殻類に始まり、カイコのさなぎ、トウモロコシの粒やスイカに至るまで、人や地域によって様々な釣り餌が使用されます。

チヌは全国的に釣りの対象魚として人気があります。

■スポンサードリンク■




posted by ラテスJP at 14:44 | Comment(29) | TrackBack(3) | チヌ(クロダイ)とは
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。